私が歯医者さんを怖がらずに行けるようになった理由

過去のこと

こんばんは。

少しだけ歯に詳しいアラサー女です。早くお金にも詳しい女になりたい。

お金に詳しくて派にも詳しいアラサーになるため日々勉強中です。

皆さんは、もしくは皆さんの身の回りにいる方は歯医者さんのイメージってどうですか?大半は嫌なイメージがある方がほとんどだと思います 笑

かくいう私がそうで、小さい頃私はよく虫歯を作る子供でした。

小さい頃の歯医者、皆さん何を思い出しますか?私は、3人くらいのマスクをした大人が上から私を見下ろしていて、口の中に沢山の機材が突っ込まれて無理やり口を開けらされている状況と苦しさです。これが私の強く残ってしまった歯医者のイメージです。

ちなみに当時の話を母から聞くと、どうやら私はかなり問題児だったらしく、「もう来ないでくれ」と、歯医者さんから言われてしまった子供だったみたいです。

今考えるとそんなんある?ってレベルですね 笑

ですが私は母の努力の甲斐あって小学校2年生くらいではもう随分できるようになりました。

そしてもう高校生の頃には自分で歯医者の予約の電話もできるようになっていました。

更に言えば、虫歯の数も少なくなり、今では歯が綺麗だねとよく言われるようになりました!

死ぬほど歯医者が嫌いだった私。

どうしてこんなに歯医者に行けるようになり、虫歯のコントロールが出来るようになったのか。その理由をお教えしたいと思います!

参考になったら嬉しいです。

お気に入りの歯医者さんが出来た

まず第一の理由です。

これが私にとって一番大きかったですね。私は小さい頃から歯医者が嫌いでしたが、母親が怖いので、ちゃんとついていく子ではありました。

小学校に入学して初めて行った歯医者は、家の近所にはなく、行くためには自転車になってもかなり。時間がかかりました。記憶が薄いですが、恐らくあそこは小児歯科だったんだと思います。

ですが、押さえつけられた記憶はまるでなく、₍小児歯科ではレストレイナーといって暴れていしまうと危ないので身体を動かないようにして安全に治療が出来るようにするための道具があったりします。₎ただ見上げた青い空の天井の壁が印象的でした。

幼稚園の時泣きわめいていた頃から少し成長していたからだとしても、あれだけ怖かった歯医者さんの思い出がちっとも悪い物じゃなくて今でも不思議に思います。

治療後のご褒美が嬉しいものだった

大人にはわからないと思うのですが、実はこれとっても大事です。

私の歯医者の思い出はほとんどご褒美の記憶です。

私の行っていた歯医者さんでは治療後のご褒美がくじだったんです。女の子向けのかわいいちょっとしたおもちゃのくじ引きと、スーパーボールのくじ引きが2種類ありました。

私はスーパーボール一択でしたね!

くじ引きなので、引いたくじによってスーパーボールの大きさが違うんですよ。まぁ~~大きいスーパーボールが当てたくて当てたくて……行ってはくじ引いて「次こそ大きいの当てるぞ!」って思ってました。

おわかりでしょうか?

私が今まで知っている歯医者はご褒美が自由に選べるシステムの所が多かったです。好きに選んでいいよーとお子さんに選ばせるんですね。

もちろん子供にとっては自分の欲しいものを直接手に入った方が嬉しいでしょう。

ですが!

欲しいものが当たらなかったからこそ、次の治療に積極的になってくれる子供もいるということです。

私が治療を積極的に受けるようになったのはかなりこれが大きかったと思いますね。

これを逆に、簡単に与えてしまうと子供は学んでしまうんですね。「そんなに頑張らなくても欲しい物ってもらえるんだな。」と。

こんな風に考えるのはどうかとは思うのですが、子供は思った以上に賢いです。

どうしても治療を継続して行っていく必要のあるお子さんの場合は、こういったことも含めて歯医者選びをされると良いかもしれません。

あと、ご褒美のものをガチャガチャにしている所もありましたね。あのレバーを回すだけでもわくわくするのでガチャガチャがあるご褒美システムの歯医者さんも良いかもしれません。

とにかくご褒美というのは子供にとってそれだけ有効という事です!

歯医者さんを怖いところだと思わせない

これですね。

お子さんに注意をするときに「そんな悪戯すると歯医者さん連れていくよ!」とか、「そんな甘いもの食べて歯医者さんに行って歯を抜かれるよ!」とか言ったりしていませんか?

これはタブーですね。

というのも、歯医者=嫌なことをされるという方程式がお子さんの頭の中で作られてしまうのです。

これは、「痛いことしないよ~」とも「怖くないよ~」というのも同じです。

歯医者に行ったことがない子でも病院に行くことはありますよね。お子さんの中では嫌なものとイメージがついてしまった子は病室に連れていかれただけでちょっと嫌な予感はしてしまうと思うんです。

全く知らない空間で、自分がこれからどんなことをするのかされるのか、子供は一生懸命情報を探ります。そんな中で歯医者特有のツンとする匂いやキュイーンという音が聴こえるわけですね。

そんな中、「大丈夫!怖くないよ~」₍こわい?怖いことされるかもしれないのか……₎

「大丈夫!ちっとも痛くないよ~」₍痛い!?痛い子とされるかもしれないのか!!₎

と、頭の中で「怖い」「痛い」の単語が回ってしまうのです。っこうなるともうだめです。ちょっとミラーが口の中で当たっただけで(痛い!痛い!なんか当たった!!!痛い~~!!)

となってしまうのです。

これはもう刷り込みです。

親御さんは歯医者さんはあなたの味方だよっていうことをお子さんに伝えてほしいのです。

憎むべきは虫歯であって、歯医者はお子さんの味方です。

「怖くないよ~」や「痛くないよ~」などの声掛けよりも、「お水が出て面白いね!」や、「歯医者さんのお椅子は自動でベッドになるんだよ。」など、子供にとって興味の触れるようなこと、まるでそこが楽しい空間であるかのようにお話ししてあげてほしいのです。

きっと、担当する歯科衛生士や歯科医師は、お子さんに対してきっと笑顔で接してくれるでしょう。ですが、何よりも安心するのは親御さんの笑顔です。

どうか親御さんが歯医者で楽しそうにしてあげてください。

私は小さい頃「そんなにいう事きかないと歯医者さんに連れて行くからね!」「やだーーー!!!」のパターンの子どもでした。

歯医者さんが自分の味方だと理解するのにかなり時間がかかったと思います。

ですが、一生懸命私に合う歯医者を見つけてくれて、毎回遠いのにつれて行ってくれた母。根気よく治療をしてくれた歯医者さん。歯を強くするためにフッ素塗布やシーラントをしてくれた歯科衛生士さん。本当に大変だったと思います特に母には頭がりません。

歯医者さんにお子さんを連れていきたいけど泣いてしまってなかなか難しいというお悩みを持つ親御さんの方々に参考になったら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました