節約とお洒落、服を買う話

突然ですが、この年齢になると着る洋服も考えます。

今まで通り自分の好きな服ばかり選んで着てしまうと、ひたすら柄物だったりスウェットみたいな素材だったり妊婦さんでも安心して着られるゆったりワンピースばかりを着ることになります。

そんなこと気にしないで好きな洋服を着よう!とは思うのですが、着てみると体のラインがある程度出る洋服のほうが痩せて見える。あとは、服の形もアシンメトリーのような変わった形が好きだったのですが、そうじゃない洋服の方が他の洋服との相性が良い。

といったように着たい服という気持ちよりも、今の自分に似合う服はどんな物だろうか?TPOに合わせて服を揃えておかなければ!という事を優先的に考えるようになって服を選ぶようになりました。

そこから出てくる問題は、好きな服を選ぶ時のように情熱をもって求める気持ちが持てないこと。

人それぞれですが、私の買い物の仕方は感覚派なので自分がピンときたものにはお金はかけられますが、逆を言えばそれ以外のものは安ければ安いほどいいという考え方です。

なので、TPOを考えて着るべき服に対してお金をなるべく出したくないという気持ちになってしまう。けれど、ユニクロやGUではないところで身なり整えたい。そんな我儘を全てかなえてくれる答えを見つけたので皆様にもお教えしたいと思います。

ずばり、古着を選ぶことです

古着といっても若者の街などでよく見かけるようなお洒落なものではなく、リセールショップなどで売っている身近なブランド品が安くで手に入る古着です。

例えば、₍私は₎通常買うには少し躊躇ってしまうようなnano・universeやURBAN RESERCHなどを購入しています。私の中でこの二つはお高い服として見なしています。

何が良いかというと、やっぱり通常のお値段がお高いだけあって形がいい。似たような服はもっと安いブランドにも沢山あるけれど、良いところの服は着た時の形の良さが素晴らしい。特に私は肩幅が広く体系も細身ではないので着痩せ効果があると自分で思っている。

大抵の人は知っているブランドなので、いざ何処の服なのか聞かれても答えられるし、リセールショップで買ったとしてもそこまで恥ずかしくない₍と私は思っている₎

利点まとめ

  • 値段が安い₍600~3000円くらい₎
  • 気になっていたけど買わなかった洋服がお試し気分で買える₍安いので₎
  • 気軽に捨てられる₍安いので₎
  • 普段買わないような色も試せる₍安いので₎
  • ベルトや鞄などもあるので一式揃えやすい
  • 1万円あれば10アイテム揃えることもできる

欠点まとめ

  • 安いを理由に買いすぎて何を持っていたかわからなくなる
  • 買う前には気づけなかったシミや色落ち毛玉などの使用感
  • 安物だからと扱いが適当になってしまう
  • 安いからという理由で買ったがやっぱり合わなくて着なくなる
  • 元の値段と大差ないものがある

このあたりでしょうか探せばもっとありそうです。

安い=大事にしないは人によってです。安くても手入れをしっかりして大切にすればそれなりに長く使えます。なので、大切にするしないは人それぞれで、高いものの方が自分の身を切った分大切にするかもね!というだけで絶対ではありません。

あと古着の最大の欠点は使用感の有無ですね。

かわいいお洋服が安く手に入っても毛玉、色あせ、シミがついていたらがっかりです。これがなかなか自分の目から見て初めのうち気づけないことが多いんですよね。

正規の値段がわからないので古着で売られていても安くなっているのかわからない。これはお店によっても変わりますね。元の値段を値札に書いてある場合もあるので、しっかり値札は見ておく必要があります。状況によっては調べるのも一つの手だと思います。

私はいつもZOZOUSEDを使っています。そこには古着の商品にランクがついているのでAランクだけに絞ればかなり質の良いものが比較的に安く手に入ります。

今度また詳細を書いてブログに上げようと思います。

洋服はどんな新品も一度袖を通せば古着、洗濯なんてしようものなら一気に世間から見た価値は下がります。自分にとっては比較的に買ったばかりの新しいお洋服でも世間様から見たらそれはもう古着。

私が初めに袖を通した古着と誰かがはじめに袖を通した古着。そこに大きな違いを見出せなくなり、私は古着に対する抵抗は全く無くなりました。

私と同じ職場に勤めている後輩は、誰かが使った使い古しなんて絶対に使いたくないから、どんなにお金がかかっても新しいものが良いと彼女は言います。

私はそれで良いと思います。

違う所に価値をもって当然です。むしろ、経済が回るので正規の値段でお店にお金が回ることはとても良いことだと思います。

ただ私のように、もっと別の場所にお金を使いたいけどシーンに合わせた服をそれなりに見えるように組み合わせたいというような方にはおススメです。

是非是非利用してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました